ハムスターのはむむ

ハムスターのはむむ

ジャンガリアンハムスター パールホワイトの男の子

はむむを我が家でお迎えしたのは、ここの3ヵ月くらい後です。
ここがなかなか懐いてくれない男の子で、結構甘噛みかもしれないけど、大人でも血が出るくらい噛んできたりするので、当時小学2年の娘が簡単に触わることもできず、
「これでは動物を飼った意味がないね」ってことになり、「みんなが飼ってるハムスターなら小さいし大丈夫かもしれないよ」ってハムスターをお迎えすることにしました。

このジャンガリアンハムスターのはむむも、なかなか気が強く、あまり触らせてはくれない子でしたけど。

私たちの勉強不足だったんだけど、ウサギやハムスターなどの小動物は捕食される動物なので、警戒心が強い子達です。それに怖がりです。
小動物飼い主初心者の私たちでは、簡単に甘えたりできる存在ではなかったんだろうと思います。
もともと動物を飼う理由として、娘がお世話をすることで情緒を育んで欲しい、命の大切さを学んで欲しい、という思いがあったので、はむむのお世話係は娘です。

はむむは、あまり触らせてくれないし、下手したらやっぱり噛んできます。でも、娘は毎日はむむのお世話をしています。ハムスターもウサギも見てるだけで本当にかわいいから、懐いてくれなくても見てるだけで癒やされます。

コメント